発送前のアクセサリーに施すクリーニングとコーティングの手順について

ご訪問頂きましてありがとうございます

先日ブログに書きました、こちら
クリックで記事へ飛びます

●毎回『新品のアクセサリー』にクリーニングとコーティングを施す理由について

ご注文を頂くたびに、ウキウキと
行っているこの作業なのですが

今日は、この中では触れていなかった
『作業の工程』についてご説明します。

今までは、ツイッターを活用して
作業の工程を140文字にまとめ

画像もたくさん盛り込んで
毎回ご説明してきたのですが

文章がまとめきれていなかったり

画像が多すぎて
訳が分からなくなってしまっていたので

ここにまとめを書かせて頂くことにしました。

上のリンク先の記事も読んで下さいね

水を使うので台所で手軽にスマホで写した画像でご紹介します。ブレていないものを選びましたので(´∀`;)色々な作品の合作になっていますが、ご了承下さい。

今後の作業ツイートは・・・

クリーニングとコーティングを終えたら
毎回ツイッターで、ご報告しています。

作品に間違いがないかの確認と

直接お会いできるわけではないので
ご購入後の『ただ待っている時間』
って不安なこともあると思うんです。

そんな不安を少しでも解消して頂きたくて

毎回ツイッターを活用して
発送前のこの工程を見て頂いてきました。

でも先に書きましたように
140字では伝えきれていないかも、と思い

今後はツイッターでは手順の記載はせずに
  • クリーニング中の画像
  • クリーニング後の画像
  • コーティング中の画像
  • 工程終了後の画像
この4つだけを見て頂くように変更します。

ツイッターで画像が少なくても
こちらに書いたことと同じ工程を
行っていますので、ご安心頂けたら幸いです。

全ての工程の始まりは・・・

作品にテグスを通すところから始まります。

ピアスやイヤリングは2つを一つに。
容器から取り出しやすくなりますし

工程を終えた後の
台所から梱包する部屋までの
持ち運びにも便利なんです。

作品にかかる白い紐がテグスです


クリーニング

クリーニングは容器にそのまま
アクセサリーを浸します。

1.液に浸すこと3分
ジュエリー専用のクリーニング液を使います。


上から見たところ



横から見たところ

2.水で洗い流します

精製水1回目

精製水2回目


精製水で2回洗った後、水道水で洗い流します。

と、今までやっていましたが
この手順は

Σ逆だった!ことに気がつきました。

うえーん(泣)ごめんなさいぃぃ。

水道水で十分に洗った後精製水で洗うといい

と書かれていました(´∀`;)やだー。

これからは、
水道水で洗った後、精製水で洗います。
(コーティング後も同様になります)

3.水気をリードで押さえます
ゴシゴシ拭き取るというよりは
優しくリードで挟む感じです。

(ここの画像は、いつもツイートしてますし
今後もツイートしますので省いちゃいます)

コーティング

コーティングの工程は、実は
クリーニングの最中から始まっています。

1.コーティング力を発揮する適温に
クリーニング液に浸している最中に
ジュエリー用コーティング液をガラス瓶に移し

ポットの湯を張った柄杓(ひしゃく)の中へ
瓶ごと入れて、クリーニング終了時に
45~50℃の適温になるよう準備します。

大体いつもこのくらいの温度です


2.適温確認後、液に浸します
乳白色だった液の色が透明になるのも
コーティングできるよーの合図です。

ですが、正確に適温を知りたいため
温度計を使って毎回測っています。

こちらも液に3分浸します。

上から写しています

3.水で洗い流します
こちらも、クリーニングと同様に
しっかり洗い流します。

水道水で十分に洗った後精製水で洗います
クリーニングの工程で書いたように
今後は仕上げに精製水を使います。

4.水気をリードで押さえます
ここの画像も、Twitterで見て頂けるので
ここでは省きます。

作業終了♥

作業開始から終了まで
大体15分くらいでできちゃいます。

液に浸っている作品を眺めたり
画像を写したりするこの時間は

作品の再確認にもなりますし
ピカピカと光る天然石や金具に

わが子を見るように、顔がほころび
幸せ気分を味わわせて頂いています。
最後までお読み頂き
ありがとうございました

お盆でなかなか落ち着かず
新作づくりが進みませんが

少しずつ丁寧に進めています。
また次回も来て下さいね



私が使っているジュエリー用の
クリーニングとコーティング液は

morimoto 万能ジュエリークリーナー キラテリア 100ml


モリモト ジュエリーキープ2

慣れてしまえば作業も楽々ですヨ